dd562b87.jpg

 パナソニック製の除湿機、品番F-YHE100です。これの水タンクの蓋が壊れてしまいました。




3eecb845.jpg

 2009年製です。二つの除湿方式が組み合わさっているハイブリッドタイプのものです。


 この除湿機、のりこしは主に洗濯物の乾燥に使っています。衣類乾燥モードがあり、6畳ほどの部屋を閉め切って、一晩回しておくと、ほとんど乾きます。


 機能的に6畳の部屋ではオーバースペックとも言えますが、省エネモードでの運転や、湿度が低くなる(=洗濯物がほぼ乾く)と自動停止しますし、安い深夜電力を使えるので、まぁいいかなという感じです。


 ハイブリッド式で、気温の高い梅雨時でも、気温の低い冬でも安定して除湿・乾燥してくれるのはありがたいです。


 タンクに溜まった水は、次の洗濯に使っています。洗濯機までタンクを持ち運ぶ時に中の水が「たぷんっ」とこぼれると、こぼれた水を拭く作業自体よりも、精神的にへこむのが嫌なので、水タンクはどうしてもきちんとしておきたいところです。



 なお、この記事のF-YHE100は生産終了で、後継機種はF-YHMX120です。こちらもハイブリッド式です。



21781c44.jpg

 これが除湿した水を貯めておくタンクです。横からスライドして取り出します。





0330891c.jpg

 取り出したところです。白く見えているのが持ち運び用のハンドル、矢印のところが、パコンと開けて水を捨てるための排水口です。




93dfa147.jpg

 この排水口が、開けたり閉めたりを繰り返すうちに、取れてしまいました。だんだん傷みが激しくなってきてはいたのですが、対応を伸ばし伸ばししているうちに取れてしまいました。


 蓋がないとスライドさせた時に機械内部に水がこぼれたり、運んでいる途中で床を濡らしてしまうのもいただけません。


 実は以前にも交換したことがあり、その時は家電量販店で買いました。その時の記録があり、品番はFCW6110036とわかっているので、ネットを探してみました。



 今回に限らず、普通に店舗で買うと部品扱いになって定価売りです。パーツ売りでメーカーからの取り寄せになるので、都度発注になってしまうのでしょう。



 少しでも安く買うために一応はネットを探します。それまで売っていなくても、ある日突然どこかの店が取り扱いを始めたりするので、その都度チェックしています。




 結論から言うと、今回の場合、ありました。アマゾンや楽天など、大手ネットショッピングサイトでも取り扱っています。



 ネットの方が安く買えるいろいろなテクニックなども使えそうですが、今回はポイントがあるので、近くのジョーシン電機に行って取り寄せを頼んできました。



 続きは次の記事をどうぞ。




関連記事