のりこしのブロンプトンS2L、祈るように走ります。


a6d2d895.jpg

 京都の東本願寺の正面です。自転車を入れながら、人や車の往来や影なども考えると、なかなかうまく撮ることができません。



c483e796.jpg

 昨年の大晦日、ブロンプトンの掃除をしました(記事はこちら)。



a92e3bde.jpg

 きれいになったのはいいのですが、後タイヤが痛んでいるのを発見。



2dbb73c8.jpg

 京都は五条壬生川、LOROワールドリカンベンツさんに買いに行きました。



のりこし:「これ(ブロンプトンS2L)のタイヤください。」
ローロさん:「コジャックですよね。実は……」
:(なにそのリアクション?)
:「切らしてて無いんですわ。」
:「後タイヤがやばそうなんだけど…」
:「どんな感じです?そうですね~。やばそうですね。実は卸さんにも入ってきてなくて、全然供給がとまっちゃってるんですよ。だいたい2月ごろには入りそうなんですが。バックオーダーも何本か抱えてて。他のタイヤならあるんですが。」
:「他のタイヤって純正とか?」
:「そうですね。純正タイヤか、耐久性のあるヤツで。」
:「耐久性のあるヤツってマラソン?」
:「そうですそうです。シュワルベのマラソン。でもコジャックからマラソンに変えたら走りがずいぶん違うと思います。」
:「そんなに違う?」
:「そりゃぁコジャックで走りなれてはったらだいぶ重いですわ」
:「そうかぁ。それじゃ入荷まで待ちますわ。スピード出さんように、後をロックささんように走りますわ~。入ったら連絡してくれる?」
:「わかりました。どうしてもアカンかったら純正かマラソンだったらご用意できますんで、言ってください。」



 と、こんな感じで入荷待ちになってしまいました。



 で、しばらく経った1月26日、電話がありまして、
:「もしもしぃぃ」(もしかしてもう入荷したんじゃない?こういうのって大体言ってはるより早く入って来るんだよ)
:「コジャックの入荷予定がだいたいわかりました。2月下旬になりそうです。入ってきたら、また連絡します」
:「そうですか、よろしくお願いします。」……(”タイヤを気にしつつライド”が続くのね。)




 そして一月ほど経った2月下旬、2月20日に電話がありました。
:「お待たせしました入荷しました。」
:「2、3日のうちには買いに行くので1本置いといてください。」
:「供給も戻ったみたいなので、これからは品切れはないと思います。お時間あるときに来てください。」




コジャック20160223_02.JPG

 二日後の2月22日、買いに行きました。ちなみに2月22日はのりこしの誕生日でした。8%税込みで3,456円、見事に数字が並んでいます。高校生の時に習った数列のようです。数列という言葉すらもう忘れかけていましたが…。



b402cf1d.jpg

 すでにこんな状況です。



75a084c4.jpg

 ちょっと膨らんでます。走るとコツコツと違和感あります。同じような感触で痛い目にあったことがありました(記事:ブロンプトン No.005 前輪パンク)。3ヶ月近くの間、だましだまし良く持たせたと思います。



32f446b2.jpg

 拡大してみると、三層(あるいはそれ以上)になっていて、下の層の青い素材も見えてきています。



 買っただけでは問題の解決になりません。交換しないと。ローロさんでしてもらってもいいのですが、自分ですることにしました。



[1st ed. 20160222]









関連記事